昆虫体験学習館

昆虫体験学習館・イベント企画展

昆虫体験学習館では平尾山公園に生息する虫たちの標本をはじめ、日本や世界各国のさまざまな昆虫の標本を展示しています。また、アクアリウムやテラリウムでは生きた昆虫を飼育展示しており、ヘラクレスオオカブトなど巨大昆虫とじかに触れ合い観察出来るコーナー、ネイチャークラフトなど自然体験コーナーもあります。ゲレンデやカブトムシの森などを利用した屋外での自然体験プログラムとして「昆虫探検」なども行っています。

料金
大人200円/小人100円(小人は4才以上15歳以下)
団体割引(20名以上)大人160円/小人80円
開館期間
平成30年4月7日(土)~平成30年12月2日(日)(期間中定休日なし)
建物・フロア
地上2階(778m2)・1階昆虫標本、生体展示ほか/2階体験、学習コーナーほか
所在地
昆虫体験学習館 (佐久平ハイウェイオアシス「パラダ」内)
〒385-0003 長野県佐久市下平尾 2681番地
TEL: 0267-68-1111 | FAX:0267-68-1555

「世界昆虫フェス2018」世界のカブ・クワ大集合

開催期間
7月21日(土)~9月2日(日)

今年も開催決定!世界昆虫フェス2018!
世界のカブトムシ、クワガタムシが昆虫体験学習館に大集合!

展示予定リスト
「世界最大ヘラクレスオオカブト」「世界最美ニジイロクワガタ」「クワガタ界の大巨人ギラファノコギリクワガタ」「海神の名を受け継ぐネプチューンオオカブト」「アジア最強コーカサスオオカブト」「漆黒の凶器 タランドスオオツヤクワガタ」「気の荒さでは天下一 セアカフタマタクワガタ」

アヌビスゾウカブト、ロンギチョンペルスミツノカブト、アクテオンゾウカブト、ダイオウヒラタクワガタ、スマトラヒラタクワガタ、パラワンヒラタクワガタ、マンディブラリスフタマタクワガタ、ニジイロクワガタ(レッド)、レギウスオオツヤクワガタ、カステルナウディツヤクワガタ、など、世界中のカブトムシ、クワガタムシ十数種類が大集合。実際に生きている世界のカブトムシ、クワガタムシたちとのふれあい!見たことがあっても、さわった事がある子は少ないぞ!この夏休みは、昆虫体験学習館で、世界のカブ・クワとふれあい体験してみないか。(入館料のみでご覧いただけます)

※予定リストは昨年「世界昆虫フェス2017」展示した内容です。
展示内容が変更になる場合がございます。

『ネイチャーコンサート』~絵本から身近な自然を感じよう!歌おう!~湯澤かよこさん

ミュージシャン湯澤かよこさん
『ネイチャーコンサート』~絵本から身近な自然を感じよう!歌おう!~
ミュージシャン湯澤かよこさんとトレモロアースギタリスト高見澤一樹さんによる歌と演奏によるネイチャーコンサートです。

開催日
7月15日(日)
開催時間
① 11:00~ ② 13:00~

対 象:幼児~小学生までの親子、一般
参加費:昆虫体験学習館入館料のみで観覧可能

『昆虫写真家 海野和男先生と親子で昆虫写真講座!』

夏休み親子撮影!デジタルカメラで昆虫撮影講座
この夏も開催決定!デジタルカメラで撮影する昆虫の世界!
親子で参加できる夏休みの昆虫写真講座を開催します!
昆虫写真家 海野和男先生を講師にお招きし、昆虫撮影のポイントやアドバイス、普段なかなか撮影できない
生きたヘラクレスオオカブトやニジイロクワガタをモデルに撮影できます。
「インスタ映え」「SNS映え」間違いなしのド迫力の昆虫写真を親子で撮影しよう!

開催日
7月29日(日)
開催時間
 11:00~15:00

当日のレポートはこちら

『音喜楽ボーイズの楽しい音楽会』

音喜楽ボーイズによる『音喜楽ボーイズの楽しい音楽会』
バイオリンとチェロのデュオ「音喜楽ボーイズ」による楽しいお話と演奏をお楽しみください。

開催日
8月18日(土)
開催時間
① 11:00~ ② 13:00~

対 象:幼児~小学生までの親子、一般
参加費:昆虫体験学習館入館料のみで観覧可能

企画展のご案内

佐久平ハイウェイオアシス「パラダ」の昆虫体験学習館では、生物の多様性を実感できる「甲虫や蝶などの標本」や、昆虫の暮らしや生態を目の前で見られる「生きた虫」の展示に加え、季節ごとの特別企画展を開催しています。昆虫体験学習館の展示内容は、特別企画展にあわせ年4回変わります。

春の特別企画展「昆虫の家族展」

開催期間
4月7 日(土)~7月8 日(日)

大人へと生まれ変わるクサギカメムシ

例えばクワガタムシは卵→幼虫→蛹→成虫という一生を送るので、親子の姿は全く異なりますし、成虫へと羽化したクワガタムシはもうそれ以上大きく育ちません。また、ほとんどの昆虫は卵を産みっぱなしにしますが、中にはしっかり卵や幼虫を守る種類もいます。嫌われ者のスズメバチやシロアリは、子育てをする数少ない昆虫です。


夏の特別企画展「昆虫界の名わき役展」

開催期間
7月14日(土)~9月2日(日)

樹液によくいるヨツボシケシキスイ

雑木林のスーパースターのカブトムシ、映画や文学に登場するホタル、美しさを競い合うオオムラサキやミヤマカラスアゲハ。そんな「主役」を張れる昆虫たちのほかにも、映画やドラマの「わき役」のような、そんな昆虫たちもいるのです。いぶし銀の名演技のような「名わき役」の昆虫たちをご紹介しましょう。


秋の特別企画展「何でもアリ!ハチの世界展」

開催期間
9月8日(土)~12月2日(日)

精悍な寄生蜂のオナガバチ

秋はスズメバチ被害が多くなる季節ですが、ハチの世界は多様性の宝庫で、実はアリも翅をなくしたハチの一種なのです。他にはキバチ類は材木を、ハバチ類は植物の葉を食べる刺さないハチですし、タランチュラを狩る巨大なベッコウバチや極小の昆虫の卵に規制する0.2mm のコバチもいます。


☆冬の特別企画展「平成の昆虫展」

開催期間
12 月15 日(土)~2019 年3 月31日(日)

生きたヘラクレスの輸入解禁は平成11年

もうすぐ「平成」が終わります。明治時代の農業害虫防除の研究を発端とする日本の近代昆虫学も、百数十年歴史を積み重ねてきました。「平成」になってからも、ヒアリの日本上陸や光る絹を紡ぐカイコの発明、ヘラクレスオオカブトの輸入解禁などもありました。昆虫を通して平成の時代を振り返ります。


昆虫ミュージアムショップ

昆虫体験学習館内にある昆虫ミュージアムショップには、昆虫に関する書籍を始め、昆虫採集や昆虫飼育の道具、生き虫、標本、さまざまな昆虫に関するグッズや本などを販売。パラダオリジナルのかぶ太くんグッズも絶賛販売中!

このページをSNSで共有しよう!
B!